スポンサーリンク

2015年06月16日

【Heroes of Order & Chaos】魔導盤考察A【攻略】

unnamed.png

魔導盤考察第2弾 6種の魔導盤について考察




流血の魔導盤


ryuketu.png

【効果】
自分で1ユニットを倒すたびに、自分の物理、魔法攻撃力が0.2ずつ上がり、
最大で30まで上がる。

【解説】
1ユニットとは、中立もソルジャーも含まれる。
0.2ずつ上昇ということで微妙に感じるが、長期戦になると確実に30まで
あがるので、30アップすれば中堅装備1つ分にはなる。
後半で多少有利になるかもしれない程度の魔導盤。
留めを確実に取ることで攻撃力を早くあげれるというメリットもある。
MID担当でソルジャーをたくさん狩れるファイター系Carryに適性有り。

【相性の良いキャラ】
・風のダンサー
・ドラエズナー

弟子の魔導盤


deshi.png

【効果】
自分のヒーローよりレベルの高い仲間のヒーローが28メートル以内に
いるとEXPが8%増える。

【解説】
28メートル以内に自分より強い仲間がいるとEXPが多くもらえるという
魔導盤。28メートルと距離が広範囲なので、3v3でBOTを担当するキャラは
装備していると少しレベルアップが速くなるかもしれない。
魔導盤の枠を一つ消費してまで装備するものかどうかは正直疑問である。

【相性の良いキャラ】
・アントガード
・ストーンガーディアン
・潮の巫女

血欲の魔導盤


ketuyoku.png

【効果】
15メートル以内にいるヒーロー(味方、敵両方)の人数1人につき、自分のヒーローの
物理攻撃力、魔法攻撃力が3%増える

【解説】
集団戦に特化した魔導盤、混戦が発生する頻度が高い5v5では本領を発揮する。
逆に初心者ばかりの試合や3v3では効果が薄いので使いどころが難しい。
混戦しているところに飛び込んで一撃を食らわせるヒーローと相性が良い。

【相性の良いキャラ】
・霊長類の長
・遊牧の暗殺者

穿孔の魔導盤


senkou.png

【効果】
ターゲットの物理防御、魔法防御の50%を無視する。
この効果は、自分のヒーローの攻撃5回につき1回使うことができるが、
3秒に1回しか使えない。

【解説】
防御力無視の魔導盤なので、後半威力を発揮する。
逆に前半はほぼ恩恵は得られないと思ってよい。
また、攻撃回数で効果が発動するので、AS重視のキャラと相性が良い。

【相性の良いキャラ】
・風のダンサー
・ジャベリンウォーリアー
・ボーンストーカー
・サンドウォーカー
・森の子

毒の魔導盤


doku.png

【効果】
自分のヒーローにダメージを与えるスキル攻撃が行われると、
その攻撃者に(攻撃者のレベルx12)のダメージを与え返す。
この効果は3秒に1回しか使えない。

【解説】
スキルで攻撃されたときに、相手にダメージを反射させる効果を発動させる。
レベルが上がるにつれてダメージが増えるため、後半有効になる。
また、相手にデーモンロード等のDoTダメージのスキルを使うキャラがいる場合、
非常に有効な魔導盤である。率先して敵の中に飛び込んでいくようなキャラ
に適性がある。

【相性の良いキャラ】
・ガーディアンゴーレム
・大地の巨人
・サイクロプス
・パラディンマスター

安らぎの魔導盤


yasuragi.png

【効果】
MPが20%以下の時、MP回復が30%増える。

【解説】
若返りの魔導盤と効果は似ているが、こちらは自分のMP回復量を
あげるものとなっている。
スキルの燃費が悪いキャラや、5v5でMIDを担当するキャラに適性がある。
タレントのサプライズがあるのと、後半MPが枯渇することはあまりない
ので、こちらも使いどころが微妙な魔導盤ではある。
バトルメイジにつけて、シールドスキルの強化を狙ってみても面白いかもしれない。

【相性の良いキャラ】
・悪党
・バトルメイジ
・ハーピースレイヤー




posted by 太郎 at 22:49| Comment(0) | Heroes of Order & Chaos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: